« トランス業者の指導(その2) | Main | 中小企業卓越品質国際論壇 »

300年ぶり?

中国語の発音で難しいもののひとつに「そり舌音」と言うものがあります。日本語にはこの音が無いので、なかなか正確にこの音を出すのが難しいのです。
しかし台湾の人や中国の南部の人はあまり「そり舌」を使いません。
私はラジオ講座で覚えた「そり舌音」を正確に発音するように心がけていたのですが、まじめに発音してもなかなか通じません。むしろ何気取ってるの?見たいな反応が返ってきます。
吃飯も「ちーファン」では無く「ツーファン」と言わないとなかなか通じません。

さらに中国語には四声と言うのがあって、四声が違うと全く違う意味になってしまい全然通じなくなります。

長らくあっていない人に「3.4年あっていませんね」と言うつもりが「30年あっていませんね」と言ってしまい爆笑されたことがあります。
すなわち四(si4)と言わなければならないところを十(shi2)といってしまったわけです。
そり舌音と四声を同時に間違えてしまったわけです。

それ以来長らくあっていない人には、めんどくさいので300年ぶりですねということにしています。

実は台湾の人たちの間でも、十四と言うのを四十と聞き違えることは時々あるようです。



banner_03

人気blogランキングへ


|

« トランス業者の指導(その2) | Main | 中小企業卓越品質国際論壇 »

「中国文化・中国語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52002/5897404

Listed below are links to weblogs that reference 300年ぶり?:

» 中国語発音 三声の連続による声調の変化 [ポッドキャストで学ぶ中国語会話]
第一 di4 yi1 ke4 レッスン1 一.生 sheng1 ci2  新しい単語 1.一 (数) yi1    いち 2.二 (数) er4   に 3.三 (数) san1  さん 4.四 (数) si4   よん 5.五 (数) wu3   ご ...... [Read More]

Tracked on November 28, 2006 at 10:36 PM

« トランス業者の指導(その2) | Main | 中小企業卓越品質国際論壇 »