« 5S 整頓 | Main | なぜ5Sが維持できないのか »

5S 整理

整理の本来の意味は必要な物と不必要な物を区別して、不必要な物を捨てることです。この「捨てる」を行うことがなかなかできない。

お客様が来られるので、綺麗にしておこう。と言うことでいらないものは一時的にどこかに置いておく(隠しておく)。
これでは一時的にきれいに見えるだけで問題は解決していません。すぐに元の木阿弥になってしまう。
このような状態では、
 *作業スペースがどんどん狭くなる。
 *物をあちらにやったり、こちらにやったり無駄な
  運搬がどんどん増える。
 *もっとひどくなると倉庫を借りるようになる。
このように無駄な経費・作業がどんどん増えます。無駄な場所が必要になり、稼動効率が落ちる。作業スペースが確保できないので品質にも影響を与えます。

物を、使える物、使えない物、使わない物に分けて使える物以外を捨ててしまうのです。
捨ててしまうと言うことがなかなかできない。勇気が要ります。

5Sのしっかりできている工場に行くと、要らない物はきちんと表示(品名、数量、処理方法、期日)をして目立つところに置いてあります。





banner_03

人気blogランキングへ


|

« 5S 整頓 | Main | なぜ5Sが維持できないのか »

「品質保証」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52002/7820078

Listed below are links to weblogs that reference 5S 整理:

« 5S 整頓 | Main | なぜ5Sが維持できないのか »