« B型肝炎 | Main | 通訳 »

RoHS

欧州指令RoHSが7月1日から実施されています.
欧州に輸入される製品に禁止物質が入っていると,即回収をしなければならなくなります.

以前日本の大手電気メーカが欧州に輸出した製品から,カドミュウムが検出され対象製品を全数回収したことがあります.それ以来このメーカが全世界のリーディングカンパニーとして,RoHS対応を進めてきました.

日本のメーカは世界の中でも対応が一番進んでいたのではないでしょうか.大手メーカでは2005年にはもう対応がほとんど済んででいました.

先ほどの例にあるように,禁止物質が見つかると回収騒ぎとなり,中小企業などは一発で倒産してしまいます.

台湾のメーカなどを見ていると,ぎりぎりまで非RoHSの製品を生産・出荷しており,部品の混入など非常に気を使いました.例えばねじ(メッキに六価クロムが入っていることがあります)の一本も混入できない状態です.

ほとんどのメーカは,部品・材料を購入して組み立てるだけなので,自工程では禁止物質を使う必要はないわけです.
このようなメーカには次のように指導しています.

  • 源流管理

  •   グリーンチェーンマネジメントと言う呼び名をつけてみました.部品メーカ,さらにその先の材料メーカにまで指導管理が必要です.
  • 識別管理

  •   倉庫・工程全ての場所で識別がきっちりできていること.不良品の修理ベンチなどが盲点になります.
  • トレーサビリティ管理

  •   万が一の時のために,全ての部品・材料のトレーサビリティを取っておかないと,回収になった場合対象範囲が絞り込めません.


    この三つをきっちり抑え一滴の水も漏れない管理をする必要があります.
    AQLなどと言う生易しい管理では対応できません.
    ロットごとに製品の抜き取りをして成分分析を行う?これでは間に合いません.だから源流管理が必要なのです.


    ところで,中国の生産委託工場,部品メーカに対して,どのような指導をしておられますか?
    化学物質の名前など,英語でもなかなか言えないのに中国語ではもっと辛いですよね.辞書にも出ていない.

    そんな現場で苦労をされている方のために,RoHS使用禁止物質の日・英・中の対語訳のリストを作ってみました.
    このリストで英語,中国語でコミュニケーションができます.中国語は発音がむつかしいですが,漢字を書けば伝わりますから.

    メールをいただければ,折り返しメールに添付してPDSファイルを送ります.
    無料です.
    メールアドレスは,ここをクリックして見て下さい.
    メールの件名に【RoHS】と書いて送ってください.

    |

    « B型肝炎 | Main | 通訳 »

    品質保証」カテゴリの記事

    Comments

    Post a comment



    (Not displayed with comment.)


    Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



    TrackBack


    Listed below are links to weblogs that reference RoHS:

    « B型肝炎 | Main | 通訳 »