« 69歳の青年実業家 | Main | 言い訳 »

【華南マンスリーコラム】ルーペで改善を拡大?

あとで読む
 筆者は世界の工場・中国珠江デルタエリアで,製造業を中心に品質改善・経営革新のお手伝いをしている.私は工場に出かけるときにいつも身に着けている小道具がある.少々大げさだが「魂の小道具」と名付けた.

今月から12回「魂の小道具」で品質改善・生産性改善の秘訣をお話しする.

第一回目はルーペ.

Photo_2
現場に入るときはルーペが欠かせない.携帯用のルーペを首からぶら下げている.
現場で現物を見る.これがモノ造りの基本の基本.モノが事実を語る.モノから事実が見えてくるまでじっと見る.

不良品を見る.良品を見る.ごみを見る.

不良品からは,その不良を作りこんだ原因が見えてくるはずだ.原因に対してすぐに対策を立てる.
不良品というのは結果だ.結果を見つめることにより原因を知る.そしてその場で改善する.
不良のデータをオフィスで見ていただけではこうは行かない.今日のデータを明日の朝見たのでは,今日の改善のチャンスはすでに失われている.

良品を見ることにより生産の品質を保証する.初物(ハツモノ:その日初めて作る物)初品(ハツシナ:新製品,改良品など初めて作る物)をきちんと見て生産開始時に生産の品質を保証する.製品の検査をするという意味ではない.良品がどう加工されたか,モノに語らせる.切断加工品の破断面を見れば,刃の磨耗や設備の状態などが見えるはずだ.

ごみを見ることにより工程の品質を保証する.例えば切削屑.切削屑がいつもと違えば,切削設備に何か異状があるはずだ.加工不良が発生する前に設備・工具のメンテナンスができる.
ゴミ箱の中には改善のヒントがいっぱい詰まっている.

良品とごみは過程.過程を見つめることにより結果を保証する.
これはいわば「予防保全」である.まだ発生していない不具合の発生を予防する.

管理者が自ら見ることが重要だ.管理者の行動は現場の人間が良く見ている.しかし管理者は自分でモノを見ているだけではだめ.現場がモノをちゃんと見ていることを見る.現場がモノを見られるように指導をする.これが管理者の仕事だ.


第二回は「ハンカチで文化の違いを知る!」








このコラムは中国華南地区で発行されている月刊ビジネス雑誌「華南マンスリー」2008年4月号から1年間連載した「炎の小道具12選」に寄稿したものです.
「華南マンスリー」は無料で購読できます.
ご興味がおありの方はこちらをご参照ください↓
http://www.kanan.cn/huiyuan.asp

|

« 69歳の青年実業家 | Main | 言い訳 »

華南マンスリーコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【華南マンスリーコラム】ルーペで改善を拡大?:

« 69歳の青年実業家 | Main | 言い訳 »