« 【華南マンスリーコラム】ストップウォッチで生産改善 | Main | 【華南マンスリーコラム】手帳で部下育成 »

心のスイッチ

あとで読む
 5月12日に発生した中国四川大地震以来,四川放送局のTVを2週間ほど毎日見続けていた.
四川地震以来の中国人の被災者を思いやる心,貢献心に大変感動をしている.
以前は中国人は,他人を思いやる心があまりない,自分の利益を第一優先にする人々だと考えていた.
地震以降の報道で,私の考え方が随分変わった.

しかし通常の生活では相変わらずである.
先週はバスに乗って出張したが,バスの入り口は我先に乗り込もうとする.
並んでいる私は一番最後の乗車になった.

バスの中では本を読んでいる私の耳元で大声で話をするカップル.
みよがしに耳栓をしてみたが,まったく気にするフシもない.

携帯電話で自分の好きな音楽を鳴らしている若者.
日本ではイヤホーンから漏れる音でさえ道徳違反だと騒がれるのに,彼は携帯電話のスピーカから音楽を流している.

思いやりのかけらもない.
こういう人たちがどうして被災者を思いやり貢献心を発揮するのだろうか.

今私がたどり着いた仮説は「共通目的」である.
地震災害により中国国民が一斉に「被災者救助」「被災地の復興」という共通目的を持った.この共通目標が彼らの心のスイッチを入れ「他人を思いやる心」「貢献心」を発揮しだしたのだと考えている.


この仮説は検証してみる価値が高いと思う.
あなたの工場には従業員の心のスイッチを入れる共通目的がありますか?

|

« 【華南マンスリーコラム】ストップウォッチで生産改善 | Main | 【華南マンスリーコラム】手帳で部下育成 »

「品質保証」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52002/41913765

Listed below are links to weblogs that reference 心のスイッチ:

« 【華南マンスリーコラム】ストップウォッチで生産改善 | Main | 【華南マンスリーコラム】手帳で部下育成 »