« 【儲かる工場の作り方 】 第二話「ローコストオートメーション」 | Main | 経営理念 »

【儲かる工場の作り方】第三話「ムダ取り」

兵不血刃


兵法「兵不血刃」
 敵も見方も流血なく戦争を勝利できれば,これに越したことはない.これを工場に当てはめて考えるとどうなるか?
 兵器(設備)の導入というのは資本の投下を必要とし,一種の「流血」だろう.固定費の増加が損益分岐点の上昇となり,簡単に流血すること(赤字)になる.
 あらゆるムダを取る事が必要だ.ムダ取りをしないで機械化すると,ムダも一緒に機械化してしまう.

動作のムダを取る
 手を伸ばす,振り返る,しゃがむ,歩く,あらゆる動作のムダを省く.工場で付加価値を生んでいるのは,原材料や半製品に「変化」を与えた時だけだ.前述の動作は付加価値を生まない動作である.
 例えば手を伸ばすことを止めれば1秒動作時間が節約できる.一秒を馬鹿にしてはいけない.作業員はこれを一日に何千回も繰り返しているのだ.
 動作のムダ取りをすれば作業員の疲労も軽減される.楽をして生産効率を上げる.これも「兵不血刃」であろう.
 動作のムダは作業員の動作をリアルタイムに観察することによって見えてくる.

ムダの集計で更に大きなムダ取り
更に,チョコ停,部材の欠品,部品の問題などによるライン停止
のムダも看える様にして改善する.
これらのムダはリアルタイムに観察をしても見えてこない.問題が発生したらすぐラインを止める.止まった理由ごとに停止時間を集計すれば,改善しなければならない点が明確になる.
ラインを止めるのは勇気が必要だ.現場は時間と量のプレッシャーにさらされて仕事をしている.ラインを止めたくないというのが人情だ.しかし問題が起こるたびにラインを止め改善する方が長い目で見れば有利となる.
私は,作業員はラインを止めるのが仕事,班長はラインが止まらないように改善するのが仕事,と教えている.つまり作業員は問題を発見・報告するのが仕事.そのため作業員にはライン停止のボタンを持たせる.班長は問題が再発しないように改善するのが仕事,というわけだ.
プロダクションレコーダを使いライン停止時間と理由をPCに集計する.集計の結果から前工程や部材業者の問題も見えてくる.設備のチョコ停,遅配,品質不良など理由にあわせて改善を進める.プロダクションレコーダは生産数量管理だけではなく,改善の小道具として使う事ができる.



本コラムは香港,中国華南地区で発行されている月刊ビジネス雑誌「華南マンスリー」2009年8月号に寄稿したコラムです.


|

« 【儲かる工場の作り方 】 第二話「ローコストオートメーション」 | Main | 経営理念 »

華南マンスリーコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52002/46131327

Listed below are links to weblogs that reference 【儲かる工場の作り方】第三話「ムダ取り」:

« 【儲かる工場の作り方 】 第二話「ローコストオートメーション」 | Main | 経営理念 »