« 金魚鉢理論 | Main | 経営者のコミットメント »

改善は「Always the Better」

 中国の工場で現場のリーダ達によく「Always the Better」という話をしている.

彼らに「Best」と「Better」とどちらがいいか?と質問する.
現場のリーダと言っても,作業員上がりの班長さん組長さんクラスが主なので学歴も中卒程度で英語で言っても分からない.従って『最好(Best)』と『更好(Better)』とどちらがいい?と中国語で聞くことになる.

彼らは当然『最好(Best)』が良いという.

言葉上は『最好』がいいかもしれないけど,本当は『更好』の方が良いのだと説明している.

彼らは「?」という顔をしているが,改善には『最好』はない,いつも『更好』だ.今日も『更好』明日も『更好』改善には終わりはない.『最好』だと思ったとたんに改善はストップしてしまう.
という話をすると,彼らの顔から「?」が消えて「!」となる.

もちろんこの話をしただけでは現場のリーダ達が「毎日改善」に燃え上がるということはない.さらに実践を通して「毎日改善」『毎天更好』を実感してもらう必要がある.

少しずつでも良いから改善を継続すること.リーダ達の仕事は作業+改善であることを理解してもらう.これが実践できれば強い現場力が手に入るであろう.

人気ブログランキングへ

|

« 金魚鉢理論 | Main | 経営者のコミットメント »

「品質保証」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52002/47360787

Listed below are links to weblogs that reference 改善は「Always the Better」:

« 金魚鉢理論 | Main | 経営者のコミットメント »