« #04:整理・整頓の対象は物だけではない | Main | #06:清潔の本当の意味とは »

#05:雨の日も屋外ベンチに雑巾がけをする理由わけ

あとで読む

5Sの騎士・林徹彦の
ドン・キホーテの如く

#05:雨の日も屋外ベンチに雑巾がけをするわけ

東京ディズニーランドでは,雨の日にも屋外ベンチに雑巾がけをしている.その理由わけは?

夢と魔法の王国・東京ディズニーランドには,ゴミひとつ落ちていない.園内では,カストーディアルと呼ばれる清掃スタッフが活躍している.
彼らの清掃作業は,マニュアルによって標準化されている.屋外のベンチは雑巾で拭き掃除をする.これは雨の日でも行われる.
雨の日には,屋外のベンチを利用するゲストはいない.それでも雑巾がけをするのは,意味がある.
雑巾がけにより,ベンチにガタが無いか,座面にささくれが無いか,点検確認をしているのだ.
一つ一つの作業が,全てはゲストの感動のために,という東京ディズニーランドのポリシーに基づいて成り立っている.これを理解しているカストーディアルたちは,アルバイトといえ立派な戦力として清掃作業に取り組んでいる.

一滴の油漏れを知る
職場が綺麗に清掃されていると,職員の気持ちが晴れやかになる.気持ちが晴れやかになれば,行動が溌溂とする.結果として生産性も上がる.
汚れた生産現場では,製品も汚れる可能性がある.外観不良が多発し,検査をかいくぐり不良を出荷してしまうこともありうる.
床にゴミや部品が落ちている工場では,不良が多発しているはずだ.床が綺麗に清掃されていれば,ネジが一本落ちていても即座に気が付く.気が付かなければ,ネジ締めを忘れた製品がそのまま次工程に行ってしまう.
油にまみれた生産設備では,油漏れが発生していても分からない.生産設備をピカピカに磨いておけば,一滴の油漏れでもすぐに気が付く.ちょっとした油漏れを放置しておけば,重大な故障に至ることもある.
床を綺麗にしておけば,一適の水滴でもすぐ気が付く.雨漏りもすぐに処置をしておけば,大事にはならない.

清掃の基準を明確に
会議室のホワイトボード.拭き掃除をしてあるようだが,前に書いた文字が残っている.気分が悪いだけではない.前の文字が気になり会議に集中できない.文字が不鮮明で,議事の内容を間違うこともありうる.ホワイトボードの清掃が行き届いていないと,生産性,品質にも影響を与える.
しかし毎回一時間かけて,真っ白になるまで拭き上げたのでは,時間の無駄だ.どこまで綺麗にしなければならないのか基準を明確にしなければならない.
そして,清掃の方法を明確にする.汚れた黒板消しを使うと,拭けば拭くほど汚れる.どのように清掃すれば効率よく,綺麗にできるのか決めておく必要がある.
ある社長さんと応接室で打ち合わせをしていた時のことだ.会議室の隅が汚れていることに気が付いた彼は,すぐに総務の担当者と掃除係のおばさんを呼んだ.そして自分で,モップを使い綺麗にして見せた.これで清掃の基準と,方法を教えた事になる.これが標準となるような仕掛けを用意しておけば良いのだ.

【今月の一言】
清掃とは予防保全なり



本コラムは香港,中国華南地区で発行されている月刊ビジネス雑誌「華南マンスリー」2011年11月号に寄稿したコラムです.

|

« #04:整理・整頓の対象は物だけではない | Main | #06:清潔の本当の意味とは »

華南マンスリーコラム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52002/53234353

Listed below are links to weblogs that reference #05:雨の日も屋外ベンチに雑巾がけをする理由わけ:

« #04:整理・整頓の対象は物だけではない | Main | #06:清潔の本当の意味とは »