« 罰金制度 | Main | 一点集中力 »

チームとグループ

 社内でプロジェクト活動をする時は、活動メンバーはプロジェクトチームと言う。プロジェクトグループとは言わない。
会社のメンバーと一緒に旅行に行くときは、グループ旅行と言う。チーム旅行とは言わない。

このチームとグループの境目は何だろうか?

Wikipediaの定義によると、
“グループの目的はメンバー個々の業績水準を底上げする事であり、その成果は個人の成果の総和にしかならない。
一方チームには、他人の意見に耳を傾け建設的に反応し、時には他人の主張の疑わしき点も善意に解釈し、彼らの関心ごとや成功を認める、と言った価値観が集約されたチームワークが存在し、その成果は集合的作業成果による共同の貢献が含まれるのでグループのそれより大きくなる。”
とある。

例えば、作業員数人で単純作業をする事を考えてみよう。

一人ひとりで作業をする場合、疲れたり飽きたりした場合作業効率が低下する。
一人で作業しているため、さぼる事も可能だ。
グループで作業をすると相互監視が抑止力となり、さぼる作業者はいなくなる。
チームで作業をすると、作業達成の価値観を共有し、疲れた者や飽きた者を励まし合いながら作業をする。

と言うことになるだろうか。

グループのメンバーは自分の責任を果たせばメンバーとして認めてもらえる。
チームのメンバーはチームへの貢献が有ればメンバーとして認めてもらえる。
どうもこの辺がグループとチームの境目ではないだろうか。

こう考えると集団旅行もグループ旅行ばかりではないと思い至る。
冒険を伴う旅行、目的を持った旅行などはチーム旅行と言っても良かろう。
例えばワンピースの麦わら海賊団は間違いなくチームであり、ワンピースを求める彼らの船旅は、グループ旅行ではなくチーム旅行だ。

違う側面からグループとチームの境目を考察すると、
グループのメンバーは、場所と時間を共有する。
チームのメンバーは、目的と成果を共有する。

グループのメンバーは、一緒に居る事がまず第一義となる。一緒に居る事によりテンションが高くなる。その結果成果につながる事も有るだろう。
一方チームのメンバーは、目的と成果を共有しているので、成果につながる事が優先される。テンションよりはモチベーションの高い集団となる。

居酒屋で盛り上がっているのはテンションの高いグループ。
残業時間も黙々と頑張っているのがモチベーションの高いチーム。
チームの成果にコミットしているチームメンバーは、自分の仕事が終わっても仲間の仕事を助ける。

以上を整理すると、
◆グループとは;
メンバーがそれぞれ自分の責任にコミットしており、場所と時間を共有した、テンションの高い集団。
◆チームとは;
メンバーがそれぞれチームへの貢献をコミットしており、目的と成果を共有した、モチベーションの高い集団。
となるだろう。

グループの方が居心地が良い場面も多いだろう。
しかし本当に私たちに必要な組織はチームだと思うがいかがだろうか?

|

« 罰金制度 | Main | 一点集中力 »

「品質保証」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52002/59433335

Listed below are links to weblogs that reference チームとグループ:

« 罰金制度 | Main | 一点集中力 »